着うた(着信音)を自作する

着信音を自作する

着メロを楽しんだ携帯電話初期からの世代には、自作着うたというと「入力」というイメージがあるでしょう。
現代では、自作着うたというのはCD音源をもとに楽曲を切り取り、着メロやメール音、アラーム音などに使用するための長さにすることを言います。

 

パソコンに取り込んだ楽曲や、スマートフォンに保存してある楽曲を利用して、着うたを作ります。
パソコンを使用したりアプリを使用したりと作り方は様々ですが、
基本的には、まず必要があれば拡張子を変えるということ、そして曲の長さを切り取るという作業になります。

 

通常電話をかけた相手は無意識のうちに10コールを数えていると言われ、その10コールで相手が出なかった場合には電話に出れない状況とみなして電話を切るとされています。
電話の呼び出し音は2秒鳴り1秒休みとなりますので10コールは30秒となります。
アーティストの人気のある楽曲であったり、お気に入りの楽曲であったとしても好きなフレーズは人それぞれです。
ここだというフレーズを切り取り、オリジナルの着メロを楽しむのも今の時代では自己表現の一つといえるでしょう。

 

自作着うたの場合には30秒を目安に自作するとよいでしょう。
著作権のある曲を自身で編集し、着メロに設定することは著作権法違反とはなりません。
この自作着うたを公表したり譲渡したりすることは禁じられておりますが、個人で着メロとして楽しむということであれば問題はありません。


ホーム RSS購読 サイトマップ