ガラスを割るPVといえば椎名林檎

椎名林檎

最初はソロで芸能界入り、それからロックバンド「東京事変」のヴォーカリストを経て、現在は再びソロアーティストの椎名林檎は32歳です。
1998年のデビュー当時は鼻の下に特徴的なほくろがありましたが、2003年に手術で取り除いています。

 

1999年のヒット曲「本能」のプロモーションビデオでは、椎名林檎が看護師のコスチュームでガラスを叩き割っている映像が話題になりました。
撮影時は当初は、叩き割ってもケガをしないように加工されている特殊なガラスを使用する予定でした。
ところが当日手違いで普通のガラスが届いてしまい、撮影には苦労したそうです。

 

モデルを中心にタレント業で幅広く活躍する菜々緒は、実は古くから椎名林檎と面識がありました。
菜々緒はデビューしていなかった学生の頃、焼肉店の店員としてアルバイトをしていましたが、そのお店に椎名林檎がお客さんとしてしょっちゅう食べに来ていたそうです。
「林檎さんはいつも気さくな人だった」といいます。
その後、菜々緒が芸能界にデビューした時も椎名林檎は彼女のことを覚えていて祝福してくれました。

 

椎名林檎が所属していた東京事変のオフィシャルブックが、電子書籍アプリになって8月にリリースされました。
メンバー5人のインタビュー、写真、ツアーの詳細な様子などが収録されていて、非常に内容の濃いものになっています。

 

「最新曲☆全曲取り放題」では、「本能」ほか多くの代表曲の着メロを入手することができます。


ホーム RSS購読 サイトマップ