ハリウッドにも進出 松田聖子

松田聖子

1980年にアイドル歌手としてデビューして今も活躍している松田聖子ですが、歌手活動だけでなく女優としても多くの作品に出ています。
さらに、日本だけでなくハリウッド映画、アメリカドラマにも多数挑戦しています。

 

1996年の「SURROGATE MOTHER FINAL VENDETTA」は日本とアメリカの合作のサスペンス映画です。
松田聖子は日系アメリカ人のニュースキャスターで主演しました。
子供ができないことから別の女性に代理出産を依頼する妻、という役どころです。
セリフはすべて英語で健闘しました。

 

1998年の映画「アルマゲドン」では、ニューヨークに遊びに来ている観光客として少しだけカメオ出演しています。

 

1999年のアメリカ映画「わたしが美しくなった100の秘密」。
ミネソタ州のかなり考えが古い田舎町で開催される美少女コンテストを舞台に、出場者たちの浅ましい争いを描いたブラックコメディです。
松田聖子は端役で数十秒間出演しています。
残念ながらコンテスト出場者の役ではなく、見に来た家族の役です。
日本語のセリフで、「早く日本に帰りましょうよ。こっちの人間って何でもバター塗って食べるんだから」と言っています。
(実際のアメリカではそんなことはないと思いますが…)

 

1997年のアメリカドラマ「THE BIG EASY」では1話だけ出演しました。
ダイニングバーで働く女性の役で、英語の曲を歌うシーンがあります。

 

アメリカの犯罪ドラマ「BONES」では、日本から来たジャーナリストの役で2010年に出演しています。
セリフはすべて英語でしたが、共演者たちからは流暢だと評価されていました。

 

「最新曲☆全曲取り放題」では、最新シングル「涙のしずく」ほか往年の大ヒット曲の着メロも多数そろっています。


ホーム RSS購読 サイトマップ