「ブルーノ・マーズ」“イット・ウィル・レイン”

何かに向かっている時には“イット・ウィル・レイン”

「ブルーノ・マーズ」“イット・ウィル・レイン”
シンガーとしてよりも、プロデュースのキャリアが長い「ブルーノ・マーズ」着うたランキングでは“イット・ウィル・レイン”が注目されていました。
ハスキーな声が魅力的。落ち着いたテンポでありながら、これからの希望を感じさせる楽曲になっています。
部活動、受験、仕事、資格取得。何か目標がある人にピッタリな着メロ。けっして大きなクライマックスはありませんが、一歩一歩進むようなサウンドは、落ち着きを与えてくれます。

 

もう少しアップテンポで音の強弱が欲しい時には、“Grenade”が似合っています。基本的に、この人の歌はどこか切なさを感じさせます。

 

音域はそれほど広くないようですが、声そのものに深みがあるので、「胸がしめつけられる」ような「やるせない」感じが曲の端々で表現されています。

 

歌詞の方も、
“Cause there’ll be no sunlight if I lose you, baby”
ですから、切なげな感じ。
どちらかと言うと、夜向けのサウンドが多いように思います。

 

あとは有名な曲“Just The Way You Are”でしょうか。着メロとしては、コッチも捨てがたい選曲です。抜けるような青空をイメージさせる爽やかな楽曲です。楽曲と言うよりも、「名曲」になっていると言えるでしょうか。
朝昼晩いつでも電話を受けたくなるような着メロサウンド。そのほかにも、「ブルーノ・マーズ」のサウンドは、男女や年齢層を問わずに、使える曲です。


ホーム RSS購読 サイトマップ